「コビット」は、小柄な大人のための
オリジナル婦人服ブランドです。

身長147cmの女性デザイナーが
「背が低いからこそ、より大人らしく、
素敵に見せてくれる服が欲しい」
という想いで、パタンナーの夫と共に
2013年に立ち上げました。

優しく、ソフトでしなやかだけど、
凛とした芯の強さもある。。
そんな女性像を表現したいと思っています。

コビットのデザイナーは小柄な女性です。
そして、小柄なお客様一人ひとりに合わせて、
サイズオーダーで一着ずつ服をお仕立てしています。

2つのお約束。

・あなたサイズでお仕立て
Cobittoではあなたの体型に合わせて
服をお仕立ていたします。
「身長に合わせた、ウエスト位置や着丈にする。」
「ヒップが大きめなら、フレアスカートは
裾が広がりすぎないようフレアを抑える。」
そういった調整を、追加料金なしで承っています。

無料でお直し
お届けした服のサイズが合わない場合は、
無料でお直し、作り直しを承っています。
お客様に「ぴったり!」と感動して頂ける服を
お届けしたいと思っています。

 2つのこだわり。

・着ると際立つシルエット
Cobittoの服は立体的に作られています。
「着ると不思議とスタイルがよく見える」
「小柄な女性を引き立てる」形です。
ハンガーにかかっている時よりも、
実際に着ていただいた時の方が
より素敵に見えるはずです。
自慢の服を、ぜひご試着ください。

・いつ見ても美しい服を
お客様が服の力で更に輝けるよう
今の空気感を取り入れつつ、
小柄女性の全身バランスに特に気を遣い、
一番大切にしているのは
「いつ見ても美しい服」ということ。
何年経っても色褪せないデザインを
心がけています。

Cobittoメンバー

・Cobitto代表 | 土江進太郎 | Shintaro Tsuchie

1985年 奈良県生まれ。
幼いころからものづくりが好きで、
高等専門学校(高専)へ進学。
趣味の範囲で洋服づくりを進めていたところから
ファッションコンテストに応募。
実力を認められ契約したデザイナーズブランドで
パタンナーとしての経験を積む。
兼業していたデザイン学校で宜に出会い、
夫婦でCobittoを立ち上げる。
パタンナーとして第一線を走る一方、
地域貢献活動にも情熱を傾けている。

 

・Cobittoデザイナー | 土江宜 | Nori Tsuchie

1983年 佐賀県生まれ。身長147cm。
高校デザイン科、大学インテリア学科を経て
建築会社へ就職。
服飾企画会社への転職期に、長く自身が困っていた
「小柄のための洋服づくり」に目覚め、
仕事とバンタンデザイン研究所通学を両立。
その後も洋服づくりの勉強を続ける中で
進太郎に出会い、夫婦でCobittoを立ち上げる。
Cobitto全商品のデザインを手掛けている。

 

・Cobitto大阪店 | 林田真琴 | Makoto Hayashida

1992年 奈良県生まれ。
大学卒業後、NOLLY'Sに就職。
4年勤務した後にパーソナルスタイリストとして独立。
ライフスタイルに合わせたスタイリング提案に
定評がありカラー診断・骨格診断についても精通。
現在はCobittoブランドマネージャーとして
広報PRからお客様対応まで幅広く手掛けている。

大阪店について

 

・Cobittoアトリエ | 奈良県北葛城郡広陵町

自社にアトリエを持ち、
技術力の高い厳選されたメンバーによる
ものづくりを確立しています。

私達のものづくりについて

トップページに戻る